1-BC




第1回ベルクソン・カフェ

ポスター

この度、「フランス語で読み、哲学するカフェ」を開くことに致しました。カフェの名前はフランス20世紀哲学の一つの流れである生の哲学の源にいるアンリ・ベルクソンから採りました。哲学に抱くイメージは人それぞれで、その定義は哲学者の数ほどあると言われます。ゆくゆくは生の哲学に関連した哲学者の作品を読み、自らの変容に結びつくような哲学を展開できれば素晴らしいと考えています。そこに入る前に、哲学のいろいろなやり方を学ぶことから始めることに致しました。具体的には、一つの纏まった文章をフランス語で読み、日本語で議論するという形式で進める予定です。フランス語の知識はあった方がよいかもしれませんが、参加の必須条件ではありません。

日時:
2017年6月24日(土) 16:00-18:00
2017年7月1日(土) 17:00-19:00
(1回だけの参加でも問題ありません)
 

テクスト:

  Pierre Hadot
« La philosophie comme manière de vivre »  
「生き方としての哲学」  

Exercices spirituels et philosophie antique, pp. 289-304
(Albin Michel, 2002)   

初回は講師が哲学に入ることを後押しする言葉を残していた20世紀フランスの古代哲学研究者Pierre Hadotのテクストを取り上げます。参加予定者にはテクストをあらかじめお送りし、それを共に読みながら哲学のいろいろなやり方について考える予定です。このテーマに興味をお持ちの方の参加をお待ちしております。ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

  会場:
恵比寿のカルフール
初回はA会議室、第2回はB会議室

(注: 開始時間と会議室が異なっています)
 
 東京都渋谷区恵比寿4-6-1 恵比寿MFビルB1

会費(1回分): 
一般 1,500円、学生 500円
(飲み物が付きます)


ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。 


(2017年3月17日)



-----------------------------------------------------------

会のまとめ


第一日目

まず、第1日目を終えた段階で気付いたことについて触れてみたい。今回は単純にテクストを読み進むという漠然としたアイディアで始めることにしたため、いろいろな問題点が浮き彫りになった。一つは、読むテクストの難易度とそれに充てる時間の関係を厳密に考えていなかったことが明らかになった。端的に言えば、今回のテクストの半分を2時間で読むというのは少々無理があったのではないだろうか。単純に読んでいくだけであれば不可能ではないが、文章を味わいながら書かれてあることを吟味し、その中に浸るような時間を感じるためには、もう少しゆったりとした時間が必要な気がした。二つ目は、明確なイントロなしですぐに読みに入ったが、作品の背景や構成、注目すべき点、議論すべきテーマなどを最初に提示すると、読みが注意深くなり、集中力を増すのではないかということである。これらは次回以降の検討課題になるだろう。


今日選んだテクストはピエール・アドーの「生き方としての哲学」だが、私が2006年にこの言葉に触れていなければ、その後の行く先は変わっていたかもしれない。それくらい大きな言葉だったので、その背後にある意味を考え直そうという意図もあった。

それまで歴史家は哲学的言説(le discours philosophique)だけを古代哲学の中に見ていたが、アドーはそこにもう一つの要素、すなわち生き方としての哲学(la philosophie comme manière de vie)があることを見出したのである。このエッセイでは、ヘレニズム時代、ローマ時代の哲学の特徴が分析されており、ソクラテス、プラトン、アリストテレス、エピクロス、犬儒派、懐疑派、ストア派などが出てくる。そこで指摘されているのは、次のようなことである。 

哲学はそもそも手に入らない知に向おうとする運動で、そこに逆説と偉大さがある。哲学は根源的な回心、根源的な変容を要求する精神(魂)の進歩の一つの方法である。哲学は自律性、内的自由(autarkeia)、自足性を達成するための方法である。それだけではなく、特にストア派とエピクロス派では宇宙的意識、すなわち、われわれは宇宙の一部を構成しているという意識が加わった。

さらに、哲学は人生と一体化した永続性ある行為で、絶えず更新されなければならないと指摘する。ストア派の場合、人間の意志が宇宙的自然の意志、すなわち理性と一致すること、エピクロス派では、快楽、それは結局のところ存在する悦びになるが、それを求めること、そして人生の有限性の自覚と現在への集中を説いた。なぜなら、それだけがわれわれがコントロールし得るものだからである。さらに、そこには宇宙の全体が含まれ、関わっているからでもある。

ここで問題となるのが、ストア派が提唱した「哲学についての言説(le discours sur la philosophie)」と「哲学そのもの(la philosophie elle-même)」との違いである。哲学とは、哲学の構成要素、すなわち
物理学、倫理学、論理学の理論を語ることではなく、それらを生きなければならないと説く。これはどういうことかというと、それぞれ、宇宙を瞑想し、正しく行動し、よく話し、よく考えることである。

ここでアドーは、「哲学についての言説は哲学ではない」と言っている。そこでは、エピクロス派の「哲学者の言説が魂の病を癒すことがなければ、それは空疎である」という一文を引用している。しかし、現代においてこの問題を考えるとすれば、議論の余地があるだろう。つまり、哲学についての言説を捨て去ってよいのかという疑問である。



第二日目






参加者からのコメント

● ありがとうございました。とてもいい時間でした、私にとりましては。頂いた資料(メモや訳文)やあの時間に感じ、書き留めたものを見ながら読み返しています。じっくり時間をかけて続けていきたいと思いました。次回もよろしくお願いいたします。

● 現状でも数種のコースを主宰されながらも「ベルクソン・カフェ」(名称がなんとおしゃれな!)をご開講いただいたことに大いに感謝します。貴重な会に向けていちおう予習をと思い、数十年ぶりに辞書を引きながらフランス語を読むという作業を試みましたが、苦しさと愉しさを両方味わいました。苦しさの方は動詞の時制変化について行けないことや、何度読んでも意味が取れない箇所があることなど、一方、愉しさはやはりオリジナルのフランス語での思考にふれることによって(翻訳された文章ではどうしても隔靴掻痒の感がありますので)、新たな見方、新たな世界が広がる気がすることでしょうか。

さらに言えば、たとえ文法的には正しく翻訳できたとして、はたして日本語の「理性」とフランス語の“raison”は同一の概念をさすものだろうかという疑問、不安が生じてきたりもします。私の感覚では、日本語の「理性」には「宇宙的意識」や「宇宙的自然の意志」などの意味が含まれる場合は少ない気がしますが、いかがでしょうか。後半では、このあたりの疑問も含めて参加者の皆様とより議論を深めていければと思います。




フォトギャラリー

第一日目



(2017年6月24日)


第二日目






Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire