1-BC




第1回ベルクソン・カフェ

ポスター

この度、「フランス語で読み、哲学するカフェ」を開くことに致しました。カフェの名前はフランス20世紀哲学の一つの流れである生の哲学の源にいるアンリ・ベルクソンから採りました。哲学に抱くイメージは人それぞれで、その定義は哲学者の数ほどあると言われます。ゆくゆくは生の哲学に関連した哲学者の作品を読み、自らの変容に結びつくような哲学を展開できれば素晴らしいと考えています。そこに入る前に、哲学のいろいろなやり方を学ぶことから始めることに致しました。具体的には、一つの纏まった文章をフランス語で読み、日本語で議論するという形式で進める予定です。フランス語の知識はあった方がよいかもしれませんが、参加の必須条件ではありません。

日時:
2017年6月24日(土) 16:00-18:00
2017年7月1日(土) 17:00-19:00
(1回だけの参加でも問題ありません)
 

テクスト:

  Pierre Hadot
« La philosophie comme manière de vivre »  
「生き方としての哲学」  

Exercices spirituels et philosophie antique, pp. 289-304
(Albin Michel, 2002)   

初回は講師が哲学に入ることを後押しする言葉を残していた20世紀フランスの古代哲学研究者Pierre Hadotのテクストを取り上げます。参加予定者にはテクストをあらかじめお送りし、それを共に読みながら哲学のいろいろなやり方について考える予定です。このテーマに興味をお持ちの方の参加をお待ちしております。ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

  会場:
恵比寿のカルフール
初回はA会議室、第2回はB会議室

(注: 開始時間と会議室が異なっています)
 
 東京都渋谷区恵比寿4-6-1 恵比寿MFビルB1

会費(2回分): 
一般 3,000円、学生 1,000円
(飲み物が付きます)


ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。 


(2017年3月17日)






Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire