4-BC 「死ぬ」

Tod und Mädchen / Mort et Jeune fille (1915)
Egon Schiele (1890-1918)



第4回ベルクソン・カフェのご案内

ポスター
 
  <2回シリーズ> 

① 2018年11月9日(金) 18:00~21:00 
② 2018年11月月15日(木) 18:00~21:00
(1回だけの参加でも問題ありません) 


テクスト
 
Pierre Hadot
« Apprendre à mourir »
「死ぬことを学ぶ」 

Exercices spirituels et philosophie antique, pp. 48-60
(Albin Michel, 2002)

議論は日本語で行いますので、フランス語の知識は参加条件にはなりません。
このテーマに興味をお持ちの皆様の参加をお待ちしております。


会 場


会 費(1回分)

一般 1,500円 学生 500円
(飲み物が付きます)


参加を希望される方は、she.yakura@gmail.comまでご連絡ください。
参加予定者には予めテクストをお送りいたします。
よろしくお願いいたします。



(2018年8月13日) 

------------------------------------------------ 

会のまとめ

第4回ベルクソン・カフェ、初日終わる(2018年11月9日)



第1日目

今回は、死に対してどのように向き合うのか、どのように生きるべきなのかについて、ピエール・アドーさんの考察を読むことにした。初日は4名の方が欠席だったが、6名の方が参加された。お忙しい中、参加いただいた皆様に改めて感謝したい。

今回は中休みを入れて自由に話す時間を設定したため、講師も気分転換できたように感じている。そのためだろうと思うが、内容の濃い4ページのエッセイを何とか終えることができた。アドーさんのテクストでは、大略次のようなことが論じられている。

いつものように対立する概念で整理する。一つは不変の規範の世界であり、普遍的な理性を要求するロゴスの世界。それに対するのは、永遠の生成、肉体の変わりやすい欲求が齎す世界。
この対立の中で、ロゴスに忠実な人間は生命が危険に晒される。ソクラテスはそのために命を失った。これがプラトニズムの基礎を成している。つまり、優れた魂は肉体の生の上に善や徳を置く。ソクラテスは良心が要求することを放棄するより死を選んだのである。この選択はまさに哲学的選択で、哲学の基礎には死の鍛錬、死の学習があると言える。

プラトンの『パイドン』で論じられているように、問題となる死は魂と肉体の分離である。それは、魂が肉体の感覚に関係する情動を取り除くことである。偏った感情的な視点を排除し、思考を普遍的で規範的な視点に高める努力である。死の学習=哲学のためには、自分自身への思考の集中、瞑想、内的対話をすることが欠かせないということである。

「死の鍛錬としての哲学」というフォルミュールは、西欧哲学の中に大きな影響を及ぼした。プラトニズムに敵対するエピクロスやハイデッガーもそれを取り入れた。このフォルミュールを前にすると、すべての哲学的お喋りは空疎なものに見える。哲学者だけが敢えて死を凝視しようとする。そして、彼らが死について書いたものには「明晰さ」という特別の徳が見られる。

エピクロスによれば、死を考えることは存在の有限性を意識することであり、それが瞬間に無限の価値を与える。ストア派の人は、死の学習の中に自由の学習を見る。モンテーニュに、「哲学することは死ぬことを学ぶこと」という有名なエッセイがあるが、そこでセネカを剽窃して、死ぬことを学ぶとは隷属することを忘れることだと言っている。死を考えることは、内的生活の品位と水準を変容させるのである。

ハイデッガーにとっても、哲学とは死の鍛錬である。死を明晰に理解することがオーセンティック(真正)な自分を発見し、創造する切っ掛けとなる。つまり、死が自分の身にも降ってくることを心から理解した時、自分の意識は内に向かうようになる。真の自分を求めようとするのである。ここで問題になるのは、真の自分への道を開く「明晰さ」か、あるいはそこから目を逸らす「気晴らし」かの哲学的選択で、それは各人に任されている。

死の鍛錬とは「全体」を瞑想することと、個人的な主観から普遍的な客観性への移行とに関連する。それは純粋な思考の鍛錬のことである。哲学者のこの特徴は、古代には「魂の高貴さ」と言われた。それは思考の普遍性の果実である。哲学者が個性の幻想から思想を解放するかぎりにおいて、その思弁的で瞑想的なすべての仕事は魂の鍛錬になる。

これまでのところを簡単に纏めると、「死ぬことを学ぶ」とは魂から肉体を離すことであり「個人的」、「感情的」、「主観的」な視点から「全的」、「普遍的」、「客観的」な視点から考えるように鍛錬することである。そのためには、自己の内面への集中、瞑想、内的対話が不可欠になる。


第2日目










参加者からのコメント





フォトギャラリー

第1日目




第2日目






(2018年11月11日)





Aucun commentaire:

Enregistrer un commentaire